美容皮膚科で行うフェイスリフトの内容について

フェイスリフトのポイントは、あごから首にかけてや、頬、目元の皮膚の引き締めです。フェイスリフトの手術をする時には5時間程度かかり、術後は包帯によって圧迫して手術の場所から出血を防がなければなりません。手術後、ある程度回復するまだは包帯が欠かせませんし、入院して安静を維持しなければならない場合もあります。手術痕が残る可能性があることも、フェイスリフトを受ける時は考慮しなければいけない点です。医師の腕によって手術の結果が左右されてしまうので、フェイスリフトを受ける場合は、信頼できる美容皮膚科を選ぶことが肝心です。誠実で経験があり、縫合手術を得意とする医師なら、傷跡が残る心配は少なくなります。美容クリニックでのフェイスリフト手術とまではいかずとも、家庭でのケアでフェイスリフトをしたいという人もいます。顔にたるみができてしまう原因の一つが、表情筋の衰えです。若いうちは、皮膚がたるまないように表情筋が支えていてくれますが、年齢を重ねるにつれて筋力が低下し、皮膚がたるんでいきます。普段から、表情筋のエクササイズをして筋力の衰えを防ぐことで、皮膚のたるみを予防することが可能になります。柔らかいものばかり食べていると口周りの筋肉をあまり使わないために筋肉が衰えてしまうので、リフトアップのためには固くてよく噛まないと食べられないものを取り入れるとよいでしょう。自宅で使用できる美顔器も販売されており、表情筋に働きかけてリフトアップ効果を得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です